インフルエンザが猛威を振るっています

こんにちは。岩立です。

 

雨がなかなか降らず、空気の乾燥がひどいですね。

そのせいかインフルエンザが猛威を振るっています。空気が乾燥するとウイルスが舞いやすくなります。

部屋を加湿すると水の粒、塵、ほこりにウイルスがくっついて下に落ちます。空気中でウイルスが活動しにくくなるわけです。

そのあと掃除できるとさらに良いですね。

 

それでも体内に入ってくるのは完全には防げません。

うがい手洗いも大事ですが、実は鼻毛も大事なんです。

 

鼻毛にはフィルターとしての役割があります。

塵やほこりを入りにくくしています。

鼻の中の乾燥も防いでいます。鼻の中の湿度、温度を一定に保ち、肺に入る空気に潤いを与えているのです。

肺は乾燥を嫌います。

 

鼻毛処理用ワックスで、根こそぎ抜いているのをテレビでみたことがありますが、

身体が用意してくれたフィルターを取り除いて、ウイルスを入りやすくしてしまっているのです。

鼻毛がひょっこりでているのも恥ずかしいですが、切りすぎ、抜きすぎに注意してくださいね。

私は切り過ぎて、風邪をひいたことがあります。それ以来程ほどにしています。

 

鼻毛だいじにしてくださいね

 

Leave a comment

Translate »