いしかわ治療院 家庭で出来る治療法 下痢

 

下痢
 水分の多い便を下痢便といいます。体に悪いものを食べたり、細菌が体内に侵入した時に起こす下痢は一種の生体防御反応です。この場合は、単に下痢止めを飲むだけでは解決しません。同時に原因疾患の治療を行わなければなりません。下痢の時には、特に水分を十分に取り、脱水を防ぐ事が大切です。
ツボ治療の対象になるのは、特にはっきりした原因がなく、消化器系の検査でも異常がないのに、どうも下痢をしやすくて困るという場合です。あるいは普段は便秘がちなのに、精神的な緊張があった場合に下痢をするというものです。
ただし慢性化するようなら、専門医に診てもらいましょう。

ツボ療法
腰の大腸兪小腸兪、お腹の肓兪大巨、足の三里、腕の温溜、などのツボに、3~5壮の灸を毎日行うとよいです。

民間薬
アカシア
アカシアの葉と枝を混ぜて、一掴みを500mlの水で3分の1まで煎じて飲みます。
ニンニク
かぜなどのよる細菌性の下痢には、5~10%のニンニクの搾り汁で浣腸します。同時にニンニク5個、ダイコン60gを煮て食べます。
ニラ
腸炎による下痢には、ニラのおかゆを食べましょう。
リンゴ
ひどい下痢には、リンゴをすりおろして食事代わりに食べると、とても楽になります。
シソの葉
慢性の下痢には効きます。シソの葉をつとめて食べるとよいでしょう。
インゲン豆の葉
葉を摘んで煎じるだけで胃を整え、下痢を抑えるのに効果的です。煎じてコップに半分ほどを飲みます。

Translate »