腰痛の原因はどこから?

スタッフの細野です。

日々の施術での気づいたことや、実際に施術で行っている事、どの様な事を意識して施術にあったっているかを書いていこうと思います。

今日は腰の痛み、はり、重い等に関係している場所を紹介したいと思います。

治療院に来院される患者さんは、大半の方が腰が痛いと腰を揉む、肩が痛いと肩を揉んでもらおうと思って来院されますが施術をする際に始めに症状のある場所をいじったりはしません。

その理由は腰の痛み、はり等の原因が患部以外の場所にある場合が殆どだからです。(打撲で患部に炎症がある場合は除く。)

問診で痛みやはりの経緯を聞いてそこから影響が考えられる場所をまず検査してその場所を施術します。

今回自分が紹介するのは本人が特に痛くなるような原因が思い当たらないが腰が痛い、はる、重いと関係している場所です。

それは、お腹・おしり・首です。

これらは筋膜のつながりとして関係しています。(筋膜って何?というのはまた時間のある時に書きたいと思います)

関係しているというのは、腰と同様硬くなっていたり、時には痛くなっている場合もあったり逆に筋肉が硬くなっているお腹が柔らかくなったり、首を回したりして突っ張るのがなくなったりすると腰の痛みや重いのが楽になったりすることがあります。施術をしているとそういう事がよくあります。

病院等で診断を受けている疾患があったりその方の生活習慣や環境によって別の箇所が原因の場合も勿論ありますが、腰痛の方で患部に湿布を貼ったり、温めたり、マッサージをしても中々改善しない方はこれらの場所が関係しているというのを参考にしてみてください。

 

 

 

Leave a comment

Translate »